トップページ     よみもの     新しい刑務所のかたち未来を切り拓くPFI刑務所の挑戦

新しい刑務所のかたち未来を切り拓くPFI刑務所の挑戦

法曹関係者、必読の書!
日本初となる、官民協働で運営する「PFI刑務所」を実現させた著者が語る”日本の刑務所の未来像”!

著者西田博
仕様四六判・並製・1C・248頁
定価1,800円+税
発売予定日2012年06月28日
ISBN9784796871105

民間のノウハウを取り入れた官民協働の刑務所として知られている「PFI刑務所」。現在、全国に四つの社会復帰促進センター(PFI刑務所の呼称)があります。このPFI刑務所を一から築き上げた現役の法務省大臣官房審議官である著者が「日本の刑務所の未来像」をはじめて語ったのが本書です。PFI刑務所とは何なのか、公権力が行使される刑務所をなぜ官民協働にしようと考えたのか、どのようなメリットはあるのか、地域住民の受け入れ態勢はどうだったかなどの疑問にすべて答えています。本書は、自身の経験から法務省が考える刑務所のあり方までを誰にでもわかりやすく説いた、まさに「日本の刑務所入門書」といえます。

1954年生まれ。高知県出身。法務省大臣官房審議官(矯正局担当)。1977年中央大学法学部を卒業後、法務省に入省。以降、盛岡少年刑務所長、法務省矯正局総務課国際企画官、広島矯正管区第二部長、法務省矯正局参事官、法務省大臣官房参事官(矯正担当)、法務省矯正局総務課長などを歴任。2011年4月より現職に就任。