トップページ     DC(アメコミ)     バットマン:ゲート・オブ・ゴッサム

バットマン:ゲート・オブ・ゴッサム

スコット・スナイダーが放つゴシック・アクション!  バットマンがゴッサムシティの歴史の闇に迫る……。

スコット・スナイダー他
トレバー・マッカーシー
仕様B5判変・並製・4C・152頁
定価1850円+税
発売予定日2014年06月25日
ISBN9784796871778

謎めいたメッセージとともに爆破された三つの橋。犯人はゴッサムシティの呪われた歴史から生まれたヴィラン“アーキテクト”だった。さらなる破壊を防ぐため、バットマン(ディック・グレイソン)は、バットファミリーを召集する。ロビン、レッドロビン、そしてブラックバット……ゴッサムシティの歴史の闇に挑む彼らの前に、次々とヴィランが現れ、ウェイン家の意外な過去が明らかになる。果たしてアーキテクトの正体は……? ニュー52シリーズ“梟”三部作に連なる、スコット・スナイダーが放つゴシック・アクション!

●スコット・スナイダー[作]…ライター。『バットマン:梟の法廷』をはじめとする“梟”三部作(小社刊)を手がける。最新作はジム・リーと組んだ『スーパーマン・アンチェインド』。
●トレバー・マッカーシー[画]…アーティスト。バットマン関連では『ナイトウィング』『バットウーマン』といった作品を担当している。