トップページ     よみもの     サクラサク女子7人制ラグビー日本代表サクラセブンズオリンピックへの挑戦

サクラサク
女子7人制ラグビー日本代表サクラセブンズ
オリンピックへの挑戦

リオ五輪出場!

女子7人制ラグビー日本代表「サクラセブンズ」待望のルポルタージュ。

著者吉井妙子
仕様四六判・並製・240頁・本文1C(一部4C)
定価1400円+税
発売予定日2016年08月03日
ISBN9784796876315

目指せ、金メダル!!いま大注目の女子7人制ラグビー!!
今年8月に開催されるリオデジャネイロオリンピック。7人制ラグビーがオリンピック正式種目となってから初めてのオリンピックとなるこの大会で、活躍が期待されているのが、女子7人制ラグビー日本代表、通称「サクラセブンズ」です。昨年末のアジア予選で優勝を飾り、オリンピック出場を決めた彼女たちですが、そこに至るまでには、過酷な練習の日々がありました。本書は、そんなサクラセブンズのオリンピックまでの軌跡を追いながら、最初は寄せ集めに過ぎなかった彼女たちが、いかにして選手ひとりひとりの個性が光る唯一無二のチームとなっていったのかを、選手、関係者含む16名への取材から解き明かします。

吉井妙子・・・スポーツジャーナリスト。宮城県生まれ。朝日新聞社勤務を経て、1991年よりフリーとして独立。『帰らざる季節―中嶋悟F1五年目の真実』でミズノスポーツライター賞受賞。著書に『女子バレーの女神たち』『ソフトボール日本代表が金メダルを獲った理由』『天才は親が作る』『夢を見ない男 松坂大輔』『女子の〈底力〉の引き出し方』など多数。