トップページ     ニュース     【ShoPro Booksストア】アメコミ通販始めました!

【ShoPro Booksストア】アメコミ通販始めました!

01

 

 

 

「アメコミってどこから読めばいいの?」「いろいろなシリーズがあって良くわからない。」というアメコミ読者の声にこたえるべく、ShoPro Booksの公式通販を始めました。

 

https://shoprobooks.shopselect.net/

 

この通販サイトでは、”アメコミシリーズ全巻セット”や”アメコミ初心者セット”などを販売してまいります。
また、全巻セットとなると金額もかさばるので、ここでしか手に入らない購入特典を付けて販売予定です。

 

まずは、『DCコミックス初級者セット(新品)・オリジナル複製原画付き』から販売します。

 

また今後、『バットマン(THE NEW 52!)全巻セット(新品)・オリジナル複製原画付き』『ハーレイ・クイン(THE NEW 52!)全巻セット(新品)・オリジナル複製原画付き』の販売も予定してます。

 

アメコミファンの皆さま、ご愛顧のほどお願い申し上げます。

 

 

DCコミックス初級者セット(新品)・オリジナル複製原画付き

 

02

 

映画『ワンダーウーマン』『ジャスティス・リーグ』でますます盛り上がるDCユニバース。コミックスも気になるけど何から読んでいいか分からないという方にオススメの初級者セットをご用意しました!
しかも、ここだけでしか手に入らない豪華な購入者特典「ジャスティス・リーグ複製原画(画:ジム・リー)」付きです。

 

 

【はじめに】

「アメコミって何から読めばいいの?」と、よく聞かれることがあります。「アメコミ」と一言で言っても内容も作画のタッチも多岐 にわたり、さらに読み手側の趣味嗜好もあるので、なかなか「この一冊から読み始めてください!」と断言しにくいのが現状です。

ですが、小社刊行のDCコミックス日本語版のなかから数冊挙げて、アメコミ初級者の方に推薦することならばできるだろうと、この度「DCコミックス初級者セット」なるものを考えてみました。このアメコミたちをきっかけに多くの邦訳版を読んでくださることを願っておススメしたいと思います。

 

 

【複製原画アーティスト】

●JIM LEE(ジム・リー)
アメコミ界を代表するコミック・アーティストの一人であり、DCコミックスの共同発行人でもある。

DCコミックスやマーベル・コミックス双方でベストセラー作品を数多く手掛け、最新シリーズの「リバース」では『スーサイド・スクワッド:ブラック・ヴォールト』を担当した。

 

 

【複製原画の仕様】

・サイズ:縦220×横333×奥行き33mm
・素材:化繊混紡(専用高級キャンバス生地)、木、鉄
・印刷方法:キャラファイン(高品位美術印刷)
・日本製

 

※キャラファインとは…
最新デジタルアートの高精細な印刷技法として注目されており、オリジナルプリントや絵画・アニメなどの複製作品に使用されています。
また、30年近く変色しない技術から、日本では国宝や重要文化財など文化庁の通達で一般展示が制限されている作品のレプリカ製作にも応用され、その品質は高い評価を得ています。

 

 

03

 

 

【書籍の状態】

・全巻新品
・全巻帯付き

 

 

【セット内容】

■『ジャスティス・リーグ:誕生 (THE NEW 52!)』
≪ここがポイント!≫
2017年11月23日公開の映画『ジャスティス・リーグ』の予習に最適な一冊。
スーパーヒーローチーム「ジャスティス・リーグ」を理解するうえで最高の入門コミック。

 

■『トリニティ バットマン/スーパーマン/ワンダーウーマン』
≪ここがポイント!≫
映画化もされたDCコミックスが誇る3大キャラクターが共演する読み切りコミック。
予備知識なく、アメコミの世界を堪能できる一冊。

 

■『DCキャラクターズ:オリジン』
≪ここがポイント!≫
DCコミックスは映画だけではなく、ドラマも大人気。
映像化された11人のヒーローたちの誕生譚(オリジン)を収録したお手軽な一冊。

 

■『バットマン:マッドラブ 完全版』

≪ここがポイント!≫
「アメコミ=劇画タッチ」と思うなかれ。
ハーレイ・クインをフィーチャーしたカートゥーン調の名作中の名作コミック。

 

■『ジョーカー』
≪ここがポイント!≫
とにかくカッコいい。鬼才リー・ベルメホが狂気のジョーカーを描いた一作。
「アメコミはストーリーよりもアートだ!」と思っている方はまさに必読です。

 

■『WATCHMEN ウォッチメン』
≪ここがポイント!≫
映画原作コミック。SF文学の最高峰ヒューゴー賞を受賞し、
タイム誌の長編小説ベスト100にも選ばれた、グラフィック・ノベルの最高傑作!