NEWS

4/5(土)公開映画『アデル、ブルーは熱い色』原作コミックが日本語版で発売!


以前、BDfileでもお伝えしましたが、
昨年発表された第66回カンヌ国際映画祭で
最高賞であるパルムドールを受賞した映画『アデル、ブルーは熱い色』が
2014年4月5日(土)、いよいよ日本でも公開となります。

それに先駆けて、原作コミックである
ジュリー・マロ著『ブルーは熱い色』が
3月7日(土)、DU BOOKSさまより発売されることになりました!


140305_01.jpg ブルーは熱い色

[著]ジュリー・マロ
[訳]関澄かおる
[出版社]DU BOOKS

B5判変型、160ページ、並製、本文4C
ISBN 978-4-907583-05-7
■定価:2,200円+税

2014年3月7日発売




翻訳を手がけたのは
『闇の国々Ⅲ』収録の『見えない国境』やダビッド・ベーによるBDの名作『大発作』、
最近では、李昆武(リー・クンウー)著『チャイニーズ・ライフ』の制作を手がける関澄かおるさん。
巻末には著者ジュリー・マロのインタビューも収録されています。

映画は、青い髪が印象的なエマをはじめ、
人物造形やテーマなどは原作に忠実に描かれていますが、
一方で、かなりオリジナルの要素も含まれています。
原作コミックでは、主人公二人の心情がより深く、詳細に掘り下げられており、
映画とはまったく違う衝撃的な結末を迎えます。

映画と原作コミックを比較しながら読むことで、
クレモンティーヌ(映画ではアデル)とエマ、二人の愛に対する理解がより深くなるはず。
映画とあわせて、原作BDもぜひ楽しんでみてはいかがでしょうか?


140305_02.jpg 映画『アデル、ブルーは熱い色』は
4/5(土)より新宿バルト9、Bunkamura ル・シネマ、
ヒューマントラストシネマ有楽町他にて全国ロードショー

公式サイト:http://adele-blue.com/


©2013-WILD BUNCH-QUAT'S SOUS FILMS-FRANCE2 CINEMA-SCOPE PICTURES-BTBF(Télévision belge)-VERTIGO FILMS



  • 教えて!BDくん
  • 邦訳BDガイド
新着記事
カテゴリー
アーカイブ
リンク
  • L'INCAL アンカル
  • 氷河期 -ルーヴル美術館BDプロジェクト-
  • ピノキオ
  • レヴォリュ美術館の地下 -ルーヴル美術館BDプロジェクト-
  • 皺
  • 闇の国々
  • follow me
  • find us
  • SHOPRO BOOKS