トップページ     MARVEL(アメコミ)     キャプテン・アメリカ:ウィンター・ソルジャー
  • LINEで送る

キャプテン・アメリカ:ウィンター・ソルジャー

これぞ、究極のヒーロー!
アメコミ界のリーダー”キャプテン・アメリカ”、いよいよ登場!

著者エド・ブルベイカー
スティーブ・エプティング
マイケル・ラーク
ジョン・ポール・レオン
マイク・パーキンズ
訳者堺三保
仕様B5判変・並製・本文4C・300頁
定価本体2,600円+税
発売予定日2011年09月28日
ISBN9784796871006

キャップテン・アメリカの人生は悪夢に変わった。
真夜中の通報で呼び出されたキャプテン・アメリカが見たものは、最古にして最強の敵レッド・スカルの遺体だった。
だが、レッド・スカルの死は、彼の任務の終焉を意味するわけではない。
 
なぜなら、レッド・スカルを襲ったアレクサンドル・ルーキン将軍が、現実をも改変するパワーを秘めた未完成のコズミックキューブを盗んでいたからだ。
ルーキンは、冷戦時代の伝説の暗殺者であり、秘密工作員であるウィンター・ソルジャーを従え、恐怖と破壊による支配を企んでいた。
 
さらにキャプテン・アメリカは残酷な現実と直面する。
ウィンター・ソルジャーの正体は、キャプテン・アメリカのかつての相棒、バッキ―・バーンズだったのだ。
第二次世界大戦末期に死んだと思われていたバッキ―が生きていた。キャプテン・アメリカは、現実を受け入れられないまま、ルーキンとコズミックキューブを追跡する。
 
アイアンマンやファルコンなどの助けもあり、キャプテン・アメリカはついにウィンター・ソルジャーと対峙するのだが……。
 
アイズナー賞に5回もノミネートされた実力派ライターのエド・ブルベイカーが綴る本作は、”キャプテン・アメリカ” の数々の物語の中でも、コミック・ファンと評論家を驚愕させた秀作の一つである。
 
●収録作品●
”Captain America” #1-9,#11-14

●エド・ブルベイカー(Ed Brubaker)[作]・・・ライター、コミック・アーティスト。『キャプテン・アメリカ』や『デアデビル』『アンキャニー・X-MEN』などのマーベル作品のほか、『バットマン』や『キャットウーマン』などDC作品にも携わる。また映画やゲームの脚本を手掛けるなど、幅広く活躍している。また、アイズナー賞、ハーベイ賞のベスト・ライター部門のほかに多くの賞を受賞している。
 
●スティーブ・エプティング(Steve Epting)[画]・・・コミック・アーティスト、イラストレーター。1990年代前半より『アベンジャーズ』を描き、その後も『X-ファクター』『エイジ・オブ・アポカリプス』などを手掛ける。1990年代後半にDC作品にも携わるが、2000年代より再びマーベルに活動の拠点を置く。
 
●堺三保(さかい みつやす)[訳]・・・SF、ミステリ、アメコミに関する評論、翻訳、のほか、アニメのSF設定や脚本なども手掛けている。主な訳書に『シン・シティ』シリーズ全4巻(小社刊)などがある。