トップページ     DC(アメコミ)     スーパーマン:レッド・サン
  • LINEで送る

スーパーマン:レッド・サン

もしもスーパーマンがソ連のヒーローだったら……

奇想天外な物語を描いた驚愕のパラレルワールド!

マーク・ミラー
デイブ・ジョンソン
キリアン・プランケット
訳者高木亮
仕様B5判変・並製・本文4C・164頁
定価本体1,900円+税
発売予定日2012年08月29日
ISBN9784796871273

偉大なるアメリカン・ヒーローが、ソ連の英雄として生まれ変わる!?
 
 
彼は別世界から来た驚異の男。河の流れを作り変え、素手で鋼鉄を曲げる英雄。
平凡な労働者の代表として、スターリン、社会主義、そしてワルシャワ条約の拡大のために、終わりなき戦いを続けていた。
 
時は冷戦時代。
敵対国アメリカに立ち向かうのは、ソ連のスーパーヒーロー、スーパーマンだった……。
 
クリプトン星の宇宙船が地球に墜落し、そこに乗せられていた赤ん坊が、やがて地球最強の人物となる……
 
エルスワールドを描いた本書では、『キック・アス』のマーク・ミラーの手によって、誰もが知っている”スーパーマン”の話が大幅に改変された。
 
そう、地球に墜落した宇宙船はアメリカではなく、ソ連の集団農場に墜落したのだ!
 
スーパーマンのコミック・シリーズのなかでも遺作かつ傑作として評される『スーパーマン:レッド・サン』。
脚本の完成度が高く、あらゆるコミック・ファンに推薦できる一冊である。
 
また、巻末にはアートを担当したデイブ・ジョンソンとキリアンプランケットのラフスケッチも収録。
 
 
●収録作品●
“SUPERMAN: RED SON” #1-3

●マーク・ミラー(Mark Millar)[作]・・・ライター。『スーパーマン・アドベンチャーズ』(DC)や『オーソリティー』(ワイルドストーム)で人気を博し、アイズナー賞にもノミネートされた。それ以来、数多くのベストセラー作品を手掛けている。代表作は『シビル・ウォー』『アルティメッツ』『アルティメットX-MEN』(マーベル)、『ウォンテッド』(トップ・カウ)『キック・アス』(アイコン・コミックス)などがある。
 
●デイブ・ジョンソン(Dave Johnson)[画]・・・アーティスト。『100ブレッツ』でアイズナー賞受賞。(『100ブレッツ』はシリーズ100冊すべてを手掛けている。)また、アートディレクターとして、アニメ『ジャスティスリーグ・アンリミテッド』やカートゥーン・ネットワークの『ベン 10』にも参加している。
 
●キリアン・プランケット(Kilian Plunkett)[画]・・・アーティスト。スター・ウォーズのコミック作品を多数手掛けている。代表作は『リージョン・ワールズ』(DC)、『アンノウン・ソルジャー』(バーティコ)などがあり、映画のコミカライズ『バットマン ビギンズ』(DC)なども手掛けている。
 
●高木亮(たかぎ あきら)[訳]・・・翻訳家。『バットマン VS. ベイン』『キャットウーマン:ホエン・イン・ローマ』『バットマン:R.I.P.』『スパイダーマン:ワン・モア・デイ』『マーベル・アベンジャーズ辞典』(すべて小社刊)などがある。