トップページ     MARVEL(アメコミ)     マーベルズ
  • LINEで送る

マーベルズ

驚愕のアートで綴る、不朽のマーベル年代記!

カート・ビュシーク
アレックス・ロス
訳者秋友克也
仕様B5判変・並製・本文4C・248頁
定価本体2,300円+税
発売予定日2013年07月24日
ISBN9784796871570

それは畏敬の対象か?
 
脅威の象徴か?
 
その日、人類はマーベルズ(驚くべき者達)に出逢った——。
 
 
太平洋戦争前夜、野望に燃えた若者達がいた。
カメラマンを目指すフィル・シェルダンもその一人だった。
 
しかし、突如現れはじめた超人類達の存在が、彼の人生に大きな影響を及ぼしていく。
その人智を超えた力に驚愕し、脅威と戦う姿に熱狂し、やがて人類を脅かす可能性に戦慄する……。
 
我々を遥かに超えた力を持つ存在“マーベルズ”は、人類に何をもたらすのか!?
 
リアリスティックな視点が冴えるカート・ビュシークの脚本と、全てのコマが芸術の域にまで達したアレックス・ロスのアートが生み出した至高の傑作を見よ!!
 
 
●収録作品●
”MARVELS” #0-4

●カート・ビュシーク(Kurt Busiek)[作]・・・『アベンジャーズ』『アイアンマン』などのライターを担当した後、ヴィラン達が結成したヒーローチームを描く『サンダーボルツ』誌を立ち上げた。また、『アメイジング・ファンタジー』『アイアンマン:ジ・アイアン・エイジ』『ソー・ゴッドストーム』『アントールド・テイルズ・オブ・スパイダーマン』のような初期の時代に焦点を当てた作品も手掛けている。
 
●アレックス・ロス(Alex Ross)[画]・・・アーティスト。1993年にカート・びゅしーくと共に創り上げた本作『マーベルズ』はアイズナー賞とハーベイ賞を受賞。その後、マーク・ウェイドと共に手がけた『キングダム・カム 愛蔵版』(DCコミックス/小社刊)の成功によって、アーティストとストーリーテラーとしての評価を獲得した。
 
●秋友克也(あきとも かつや)[訳]・・・翻訳家。主な訳書に『バットマン:ダークナイト』『バットマン:キリングジョーク 完全版』(いずれも小社刊)等がある。