トップページ     DC(アメコミ)     バットマン:バトル・フォー・ザ・カウル
  • LINEで送る

バットマン:バトル・フォー・ザ・カウル

ブルース・ウェイン不在のいま……

バットマンの後継者はアイツしかいない!

作・画トニー・S・ダニエル
ファビアン・ニシーザ
ダスティン・グエン
ギエム・マーチ
クリス・クロス他
訳者合田綾子
仕様B5判変・並製・本文4C・168頁
定価本体2,000円+税
発売予定日2014年01月29日
ISBN9784796871761

ディック・グレイソン、ジェイソン・トッド、ティム・ドレイク、ダミアン・ウェイン
 
バットマンの後継者は誰だ!?
新たな火蓋が切られた――。
闇の騎士不在のゴッサムシティに平穏はなかった。
アーカム・アサイラムは崩壊し、ゴッサムシティには悪が蔓延っていた。
混乱のなか、ブルース・ウェインが纏っていたカウル(マント)を受け継ぐ者だと名乗る謎の人物が突如現れた。
冷酷で巧妙な、この恐ろしい”闇のバットマン”は、カウルの正当な後継者の座をめぐり、ナイトウィング、ロビン、そしてゴッサムのヒーローたちに挑戦状を叩きつけたのだ。
 
役者はそろった。
誰がカウルをまとうのか……
後継者争いが勃発する。
 
ゴッサムには”バットマン”が必要不可欠だ。
だが、”バットマン”を受け継ぐことができる者は、この世にただ一人だけ……。
 
●収録作品●
・”BATMAN: BATTLE FOR THE COWL” #1-#3
・”GOTHAM GAZETTE: BATMAN DEAD?” #1
・”GOTHAM GAZETTE: BATMAN ALIVE?” #1

●トニー・S・ダニエル()[作・画]・・・アーティスト、ペンシラー、ライター。1993年に発表したコミコ・コミックスの『エレメンタルズ』でコミック業界デビュー。以降、マーベル・コミックスの『X-フォース』、イメージ・コミックスの『スポーン:ブラッドフュード』などを手がけた。
自らが版権を持つ『シルク』『テンス』『ヒューマンカインド』『アドレナリン』『F5』ではライターとペンシラーの双方を担当した。特に『アドレナリン』『F5』の2作はハリウッドで映像化の企画が浮上し、一時期はそれに携わっていた。
コミックス業界に復帰した後は、DCコミックスでジェフ・ジョーンズがライターを務めた『ティーン・タイタンズ』を手がけた。
『フラッシュ:ファステスト・マン・アライブ』#11-13を担当した後、長年の夢だった『バットマン』のペンシラーに就任する。『バットマン:R.I.P』では、ライターのグラント・モリソンとタッグを組み、本書のインカ―であるサンドゥ・フロリアも参加している。本書では、ライターとペンシラーを務め、カバーアートも担当している。