トップページ     DC(アメコミ)     フラッシュ:グロッドの脅威 (THE NEW 52!)
  • LINEで送る

フラッシュ:グロッドの脅威 (THE NEW 52!)

ローグズとの共同戦線!?

怒れる猿王グロッドとの激闘、

いよいよクライマックス!

作・画フランシス・マナプル
ブライアン・ブッチェラート
彩色ブライアン・ブッチェラート
マーカス・トゥ
ライアン・ウィン
訳者中沢俊介
仕様B5判変・並製・本文4C・176頁
定価本体2,000円+税
発売予定日2016年11月23日
ISBN9784796876209

ゴリラシティ、人間界に宣戦布告!
 
 
猛威を振るうグロッドの軍に対抗するため、フラッシュはローグズと共闘することに……!?
 
今度は戦争だ……
 
高度な知性を有するゴリラの王グロッドが、大軍を率いて侵略を開始した。
 
圧倒的な兵力でまたたく間に街を制圧するグロッド軍に対抗するため、フラッシュは宿敵ローグズと手を組まざるを得なくなる。
 
しかも、アイリス・ウェストたちはまだスピードフォースに囚われている……
 
真紅のスピードスターは、この難局を乗り切ることができるのか!?
 
人気テレビドラマ『THE FLASH/フラッシュ』に加え、映画『バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生』にも出演、主演映画も控えるジャスティス・リーグの一員の最新作!
 
 
●収録作品●
“THE FLASH” #13-19

●フランシス・マナプル(Francis Manapul)[作・画] ・・・ジェフ・ジョーンズ脚本による『フラッシュ』の作画を担当した後、ニュー52版の同誌で、脚本(ブライアン・ブッチェラートとの共作)と作画を兼任するようになった。本作に続いて『ディテクティブコミックス』も手がける。
 
●ブライアン・ブッチェラート(Brian Buccellato)[作・彩色]・・・カラリストとしてコミック業界入りする。マーベル・コミックスとDCコミックスのクロスオーバーである『パニッシャー/バットマン』を皮切りに、『アンキャニーX-MEN』『スーパーマン』『フラッシュ』など、あらゆる主要出版社と仕事をした。
 
●中沢俊介(なかざわ しゅんすけ)[訳]・・・翻訳家。主な訳書に『スーパーゴッズ』『ウォンテッド』『スーパーマン・フォー・オールシーズン』『マイティ・ソー:アスガルドの伝説』(以上小社刊)などがある。