トップページ     趣味・実用ほか     メビウス博士とジル氏 二人の漫画家が語る創作の秘密
  • LINEで送る

メビウス博士とジル氏 二人の漫画家が語る創作の秘密

世界中のクリエイターがリスペクトを捧げる

フランス漫画界の巨匠メビウス、待望のインタビュー集!

著者ヌマ・サドゥール
訳者原 正人
仕様A5判・上製・本文1C(一部4C)・512頁
定価本体4,000円+税
発売予定日2017年03月24日
ISBN9784796876605

表現せよ! 創造せよ!
おまえの反抗心を、おまえの憧れの念を、
おまえの恍惚感を、おまえの愛を、おまえの苦しみを—―。
 
2012年3月10日、
世界は二人の偉大なアーティストを失った——。
 
世界中の名だたるクリエイターが多大な影響を受けたフランスの伝説的漫画家メビウスことジャン・ジロー。2012年3月に彼がこの世を去ってから、今年で没後5年を迎えます。本書は漫画研究者である著者が、1974年から晩年に至るまで、複数回にわたり行ってきたメビウスとの対話をまとめたインタビュー集です。作風により二つの名前を使い分けてきたメビウス/ジルが自身の半生と創作の裏側を語った唯一にして決定版のインタビュー集。
 
貴重な図版の他、アレハンドロ・ホドロフスキー、スタン・リー、フェデリコ・フェリーニなど、メビウスゆかりの著名人による寄稿文・インタビューも集録。

●ヌマ・サドゥール(Numa Sadoul)[著]・・・1947年生まれ。作家、俳優、演出家。演劇とバンド・デシネ(BD)という異なる二つの情熱の対象を持つ。1971年にニース大学でBDをテーマに学位を取得。1970年代からフランカン、ユデルゾ、エルジェ、ゴットリブ、タルディ等、多くの著名なBD作家にインタビューを行っており、これらのインタビューをまとめた対談本は、「第九芸術」とも称されるBDを語る上で、決して無視することができない作家たちへの開かれた扉となっている。
 
●原正人(はら まさと)[訳]・・・1974年生まれ。学習院大学大学院人文学研究科フランス文学専攻博士前期課程修了。訳書にアレハンドロ・ホドロフスキー&メビウス著『アンカル』(小社)、『天使の爪』(飛鳥新社)、『猫の目』(竹書房)、『アラン・マンジェル氏のスキゾな冒険』(パイインターナショナル)、メビウス著『エデナの世界』(TOブックス)他多数。