トップページ     MARVEL(アメコミ)     スパイダーマン/デッドプール:プロローグ
  • LINEで送る

スパイダーマン/デッドプール:プロローグ

赤くて、黒くて、青いものはなーんだ?

おしゃべり上手なスパイダーマンとデッドプール、待望のチームアップ!

ファビアン・ニシーザ、ジョー・ケリー他
ピート・ウッズ、アーロン・クダー他
訳者高木 亮
仕様B5判変・並製・本文4C・184頁
定価本体2,400円+税
発売予定日2017年07月25日
ISBN9784796876827

スパイダーマンとデッドプールのチームアップ誌、ついに創刊!
 
待望の競演がついに始まる……
 
まずはその前に、彼ら凸凹コンビの過去のブロマンスを読んでおこう!
 
コミック(と時間旅行)の魔法によって、ウェイド・ウィルソンは若き日のピーター・パーカーの代理を務めることに。
親しき隣人スパイディと反社会的な問題児デップーは殴り合いに飽き足らず、“お前のママ”ジョークでも対決する。
 
さらに、デッドプールの長年の夢が叶う日がやって来た!
 
自分の赤と黒の臭いスーツと、スパイダーマンのアカと青のスーツを交換できるなんて!
 
『ケーブル&デッドプール』のスパイダーマン登場回や、“レディースティルトマン”も現れる『アメイジング・スパイダーマン』など、二人の競演が楽しめる未邦訳作品5編を収録。
 
●収録作品●
・”DEADPOOL” #11 (1997)
・”CABLE & DEADPOOL” #24 (2004)
・”AMAZING SPIDER-MAN” #611 (1999)
・”AVENGING SPIDER-MAN” #12-13 (2011)
・”DEADPOOL ANNUAL” #2 (2012)

●ファビアン・ニシーザ(Fabian Nicieza)[作]・・・ロブ・ライフェルドとともにデッドプールやX-フォースを共同考案したことで知られるライター。1990年代前半のマーベル・コミックスで手腕を振るい、とくにX-MEN関連作が名高い。その後もマーベル・コミックスで『デッドプール&ケーブル:スピリット・セカンド』(小社刊)、DCコミックスで『レッドロビン』を著すなど、幅広く活躍している。
 
●ピート・ウッズ(Pete Woods)[画]・・・アメリカのアーティスト。1996年からジム・リー主宰のワイルドストームでのインターンを経て、マーベル・コミックスで多くの作品を担当する。中でもファビアン・ニシーザとともに手がけた『デッドプール』シリーズやX-MEN関連作などが知られている。
 
●高木亮(たかぎ あきら)[訳]・・・翻訳家。主な作品に『デッドプール』シリーズや、『ジャスティス・リーグ』シリーズなどがある。近著に『デッドプール:バック・イン・ブラック』『アベンジャーズ:キャラクター事典[増補改訂版]』(すべて小社刊)がある。