MARVEL

スパイダーマン、デッドプール、アベンジャーズ、X-MEN、ヴェノムなど、マーベルが誇る人気キャラクターの邦訳コミックスや、ファン必携の図鑑などをご案内!

スパイダーマン/デッドプール:ブロマンス

スパイダーマン/デッドプール:ブロマンス 電子版あり

友情? それとも愛情? どっちなの!?

ビミョーな距離感を保つ新たなダイナミック・デュオの誕生だ!

ジョー・ケリー
エド・マクギネス
訳者 高木 亮
仕様 B5判変・並製・本文4C・136頁
定価 2,310円(10%税込)
発売予定日 2017年09月20日
ISBN 9784796876889

ⓒ 2017 MARVEL

内容紹介

驚異の蜘蛛と冗舌な傭兵が手を組めば、大爆笑の騒動が巻き起こる!

 

スパイディ&デップーこそが真の“ダイナミック・デュオ”だ!

 

……とはいえ、スパイディは別に“新しい友人”を求めていたわけじゃない。

 

一方のデッドプールは“ブロマンス”を求めている。

 

こんな状況でチームアップ誌ができるのだろうか……。

 

しかし、そんな心配をよそに今回も超豪華なゲストが大活躍する。

もう一人のスパイダーマン(マイルズ・モラレス)や、傭兵集団マークす・フォー・マネーらも加わり、究極のチームアップが展開される!

 

さらに、ブラインドデートに出かけたスパイダーマンとデッドプールは、ソー(ジェーン・フォスター)と出会うのだが、どちらが彼女の心を射止めたのか……

 

続きが気になる読者諸氏は今すぐ本書を読もう!

 

『スパイダーマン/デッドプール:プロローグ』に続く第2弾にして、「スパイダーマン/デッドプール」創刊号!

 

(注)本書の次作は『スパイダーマン/デッドプール:サイドピース』ですが、こちらは『~:プロローグ』同様に短編集で、本作の物語としての続編は『スパイダーマン/デッドプール:イッツィ・ビッツィ』となります。

 

 

●収録作品●

“SPIDER-MAN/DEADPOOL” #1-5 (2016),  #8 (2016)

著者情報

●ジョー・ケリー(Joe Kelly)[作]・・・コミック・ライター、ペンシラー、編集者。1997年よりマーベル・コミックでの仕事を開始し、『デッドプール』『X-MEN』などのタイトルを担当。その後、DCコミックスで『アクション・コミックス』や『スーパーボーイ』などを手掛けた。彼が所属するマン・オブ・アクション・スタジオのクリエイター仲間と『ベン10』のアニメシリーズをプロデュースするなど活躍の場は多岐にわたる。邦訳版が刊行されている『スパイダーマン:アメリカン・サン』(小社刊)や『IKLL GIANTS』(小学館刊)も彼が担当した。

 

●エド・マクギネス(ED McGuinness)[画]・・・コミック・アーティスト、ペンシラー。ジー・ケリーと組んだ『デッドプール』の初代レギュラーシリーズやハリス・コミックスの『ヴァンピレラ』の仕事で注目を集める。ワイルドストームのミニシリーズ『ミスター・マジェスティック』を担当した後に、ライターのジェフ・ローブとタッグを組み、『スーパーマン』シリーズや『スーパーマン/バットマン:パブリック・エネミー』(ヴィレッジブックス刊)を担当した。その後、『ハルク』やマーベル・ナウ!シリーズの『ノバ』など数々のマーベル作品に携わる。

 

●高木亮(たかぎ あきら)[訳]・・・翻訳家。主な訳書は『デッドプール』シリーズや『ジャスティス・リーグ』シリーズなど。近著に『デッドプール:バック・イン・ブラック』『スパイダーマン/デッドプール:プロローグ』(すべて小社刊)がある。