DC

バットマン、スーパーマン、ワンダーウーマン、ハーレイ・クイン、ジョーカーなど、DCユニバースの個性豊かなキャラクターたちが活躍する邦訳コミックスや、ファン必携の図鑑などをご案内!

スーパーマン:トライアルズ・オブ・スーパーサン

スーパーマン:トライアルズ・オブ・スーパーサン

”偉大なる子供たち”スーパーサンズがついに邂逅――

次世代へ引き継がれるヒーローたちの系譜

ピーター・J・トマシ
作・画 パトリック・グリーソン
ダグ・マーンキ

ジェイミー・メンドーサ

ミック・グレイ他
訳者 中沢俊介
仕様 B5判変・並製・本文4C・168頁
定価 2,530円(10%税込)
発売予定日 2018年02月21日
ISBN 9784796877183

TM & ⓒ 2018 DC Comics. All Rights Reserved.

※hontoのサイトへ遷移します

内容紹介

クリプトン星が残した最後の息子スーパーマン。彼には息子がいる。自らの世界の破滅から逃れ、一見似ているが奇妙なくらい異なる地球で、新たな活動を始めたスーパーマンは、惑星最強のヒーローという称号を取り戻した。その一方で、彼は妻ロイス・レーンとともに、能力が発言するようになった息子ジョナサンを支えている。平凡とは程遠い家族には、落ち着く暇もないのだ。彼らを待ち受ける出来事を考えると、それも無理のないことだろう。恐竜島の発見、フランケンシュタインと彼の危険な花嫁との出会い……どれも鋼鉄の父子にとっては、日常の一コマにすぎない。しかし、別世界からの奇妙な訪問者たちに闇の騎士が捜査の目を向け、その息子ロビンとスーパーボーイの間に対抗心が芽生えようとしていた。

収録作品

『SUPERMAN』#7-13

著者情報

●ピーター・J・トマシ(Peter J. Tomasi)[作]・・・『グリーンランタン・コァ』(DCコミックス)などを手がけたライター。

 

●パトリック・グリーソン(Patrick Gleason)[作・画]・・・『バットマン:トゥーフェイス』(DCコミックス)などを手がけたアーティスト。

 

●ダグ・マーンキ(Doug Mahnke)[画]・・・アーティスト。様々な有名ライターとタッグを組み、作品を発表。代表作に『バットマン:笑う男』などがある。

 

●中沢俊介(なかざわ しゅんすけ)[訳]・・・翻訳家、ライター。コミック翻訳デビュー作である『シャザム!魔法の守護者(THE NEW 52!)』の他に、『ミュータント タートルズ』シリーズ、『フラッシュ:グロッドの脅威(THE NEW 52!)』『バットガール:バーンサイド』などがある。