トップページ     DC(アメコミ)     スーパーマン:アメリカン・エイリアン
  • LINEで送る

スーパーマン:アメリカン・エイリアン

その少年は、やがて世界を救う

スーパーマンと呼ばれる以前の、クラーク・ケントの物語

マックス・ランディス
ニック・ドラゴッタ
トミー・リー・エドワーズ
ジョエル・ジョーンズ
ジェ・リー他
訳者吉川悠
仕様B5判変・並製・本文4C・224頁
定価本体2,700円+税
発売予定日2018年02月21日
ISBN9784796877220

”クラーク、デカいことかまそうぜ”
これは我々が知るスーパーマンの物語ではない。
 
まだその名で呼ばれる以前の、カンザスの農場に住む少年の物語だ。
故郷を追われ、地球にたどり着いた最後のクリプトン人カル=エル。
 
クラーク・ケントという名を与えられ、地球人として育てられた少年は、周りの子供たちとは異なる強大な力を持つがゆえに、苦悩と葛藤のなかで成長していく。
 
青春SF映画の金字塔「クロニクル」を手がけたマックス・ランディス脚本の傑作オムニバス集。
 
●収録作品●
“SUPERMAN: AMERICAN ALIEN” #1-7
 

●マックス・ランディス(Max Landis)[作]・・・80年代映画を代表する監督ジョン・ランディスを父に持つ脚本家。
 
 
●ニック・ドラゴッタ(Nick Dragotta)[画]・・・ジョナサン・ヒックマンとの協同作「イースト・オブ・ウエスト」などで知られるアーティスト。