トップページ     DC(アメコミ)     バットマン:アーカム・アサイラム[増補改訂版]
  • LINEで送る

バットマン:アーカム・アサイラム
[増補改訂版]

アメコミ界に衝撃を与えた問題作が、

増補改訂版になって再登場!

グラント・モリソン
デイブ・マッキーン
訳者高木 亮
秋友 克也
押野 素子
仕様B5判変・並製・232頁・本文4C
定価本体2,700円+税
発売予定日2020年08月20日
ISBN9784796877978

「ここに来い、狂気の館に。
お前のいるべき場所によ」
 
犯罪者専門の精神病院「アーカム・アサイラム」で暴動が発生した。ジョーカーにいざなわれ単身乗り込んだバットマンを待ち受けていたのは、トゥーフェイス、マッドハッターら危険な囚人達だった。彼らと対峙し、悪夢の館を彷徨ううちに、バットマンはいつしか狂気の狭間に陥っていき……?
 
復刊を待望されていた2010年刊行の『バットマン:アーカム・アサイラム 完全版』に、グラント・モリソンのラフスケッチとデイブ・マッキーンによるアートギャラリーを新たに追加した、アメコミファン必携の一冊。
 
◆収録作品◆
『Batman: Arkham Asylum: 25th Anniversary』

●グラント・モリソン[作]……現代アメリカン・コミックスにおけるトップライターの一人。バットマン関連作品を多数手がける。
●デイブ・マッキーン[画]……アーティスト。1987年、盟友ニール・ゲイマンとのタッグによる『バイオレント・ケース』でイーグル賞とメコン賞を受賞。その他、1988年の『ブラックオーキッド』ではアイズナー賞とハーベイ賞にノミネートされるなど、作画を手がけた数々のコミックで高い評価を受けている。