MARVEL

スパイダーマン、デッドプール、アベンジャーズ、X-MEN、ヴェノムなど、マーベルが誇る人気キャラクターの邦訳コミックスや、ファン必携の図鑑などをご案内!

ブラック・ウィドウ:イッツィ・ビッツィ・スパイダー

映画公開で話題の女性ヒーロー、

ブラック・ウィドウ初の単独誌!

デヴィン・グレイソン

グレッグ・ルッカ
J・G・ジョーンズ

スコット・ハンプトン
訳者 吉川 悠
仕様 B5判変・並製・152頁・本文4C
定価 2,640円(10%税込)
発売予定日 2020年09月17日
ISBN 9784796878128

© 2020 MARVEL

※hontoのサイトへ遷移します

内容紹介

ソ連のスパイとして冷戦の第一線で活躍し、その後西側に亡命してアベンジャーズの一員としてスーパーヒーローの仲間入りを果たしたブラック・ウィドウことナターシャ・ロマノフ。完璧で冷酷なプロフェッショナルとしてその名を轟かせたナターシャだったが、新たなブラック・ウィドウ、エレーナ・ベロワの出現により、その地位が脅かされようとしていた……。二人のブラック・ウィドウの対決と共闘を描いた2編の傑作を収録!

収録作品

『BLACK WIDOW(1999)』#1-3,『BLACK WIDOW(2001)』#1-3

著者情報

●デヴィン・グレイソン[作]……2000年に女性初となる月刊バットマン誌の立ち上げを務めたライター。コミックやゲームの脚本、小説執筆など広く活躍している。
●グレッグ・ルッカ[作]……2000年頃からワンダーウーマンやバットマン関連誌のライターとして活躍。小説家としての作品も日本で紹介されている。
●J・G・ジョーンズ[画]……コミックアーティスト。『Y:ザ・ラスト・マン』等のカバーアーティストとして有名。『ビフォア・ウォッチメン:コメディアン』等も担当している。
●スコット・ハンプトン[画]……兄のボー・ハンプトンと共に、アイズナー賞創設者のウィル・アイズナーに師事していたアーティスト。

 

●吉川悠(よしかわ ゆう)[訳]……・翻訳家、ライター。アメコミ関連の執筆を行いながら翻訳を手がける。主な訳書に『バットマン/ダークナイト:マスターレイス』『ジャック・カービー アメコミの”キング”と呼ばれた男』(フィルムアート社)などがある。