トップページ     アメコミ     バットマン:梟の夜 (THE NEW 52!)

バットマン:梟の夜 (THE NEW 52!)

「梟の法廷」「梟の街」「梟の夜」――バットマン“梟”三部作、ここに完結!

スコット・スナイダー他
グレッグ・カプロ他
訳者高木亮
仕様B5判変・並製・240頁・本文4C
定価2,200円+税
発売予定日2013年08月28日
ISBN9784796871617

第1巻『バットマン:梟の法廷』、そして第2巻『バットマン:梟の街』に続く第3巻『バットマン:梟の夜』は、第1巻と第2巻を補足するクロスオーバー作品(サイドストーリー集)。謎の組織「梟の法廷」と対峙するバットマン。その裏側で、相棒のロビンやナイトウィング、そしてレッドフードにバットガール、キャットウーマン達は何をしていたのか? 「梟の法廷」を中心に巻き起こる事件にどのように関わっていたのか? 本作品を読んではじめて、“梟”三部作が完結する。謎めいたストーリーと畳みかけるようなアクションが絶妙にブレンドされ、オールカラーで描かれたアメコミの醍醐味を味わわせてくれる。最先端のアメコミをとくと見よ!

●スコット・スナイダー[作]…DCコミックスとマーベル・コミックスの双方で活躍する人気ライター。『アメリカン・バンパイア』(未邦訳)などのベストセラー・コミックのライターも担当。 ●グレッグ・カプロ[画]…コミック・アーティスト。『スポーン』などの代表作をもつ多作家。 ●高木 亮[訳]…翻訳家。主な訳書にニュー52シリーズの『ジャスティス・リーグ:誕生』『バットマン:梟の法廷』『ダークナイト:姿なき恐怖』など多数。