トップページ     アメコミ     スパイダーマン:エレクション・デイ

スパイダーマン:エレクション・デイ

ニューヨーク市長選の投票日を目前に、物語はますますヒートアップする! オバマ米大統領との共演で話題を読んだ短編も同時収録!!

マーク・グッゲンハイム、ゼブ・ウェルズほか
ジョン・ロミータJr.、マルコス・マーティン
訳者光岡三ツ子
仕様B5判変・並製・184頁・本文4C
定価2,100円+税
発売予定日2013年11月27日
ISBN9784796871747

市長選の投票日がいよいよ目前となり、ニューヨークの街は慌ただしさを増していた。ピーターの親友ハリーが恋人のリリーにプロポーズする一方、鑑識官のカーリーはスパイダーマンが容疑者となっている“スパイダートレーサー殺人事件”の真相に迫ろうとしていた……。そんな中、ついにメナスの正体が判明する!! しかし、スパイダーマンはメナスとの死闘に傷つき、警察に捕まってしまう。窮地に現れた弁護士マット・マードック(デアデビル)は絶体絶命のスパイディを救えるのか!?  『ブランニュー・デイ』開始時から散りばめられた数々の謎が今、明らかとなる!!

●マーク・グッゲンハイム[作]…マーベルやDCで活躍するライター。TVプロデューサー、脚本家でもある。 ●ジョン・ロミータJr.[画]…マーベル・コミックスを代表する名アーティスト。代表作に『ウルヴァリン:エネミー・オブ・ステイト』(小社刊)などがある。 ●光岡三ツ子[訳]…翻訳家。主な訳書に『スパイダーマン:ニューウェイズ・トゥ・ダイ』『アルティメッツ』『キック・アス』などがある。