トップページ     MARVEL(アメコミ)     インビンシブル・アイアンマン:リブート
  • LINEで送る

インビンシブル・アイアンマン:リブート

天才にして億万長者、トニー・スタークの新たな仲間とは!?

ブライアン・マイケル・ベンディス
デイビッド・マルケス
訳者中沢 俊介
仕様B5判変・並製・4C・136頁
定価2100円+税
発売予定日2018年04月18日
ISBN9784796877299

新しい出会いと新しい目的に導かれて、トニー・スタークは人生を再定義するであろう試練に挑む。マーベル・ユニバースを揺るがした“シークレット・ウォーズ”を経て、アイアンマンが得た驚くべき協力者とは……? さらに、彼の前に旧敵マダム・マスクが現れる! 苦悶するホイットニー・フロストはいままでになく危険で、怨恨に満ちている。衝撃に満ちた物語が、全身を包む驚異の装甲の限界を試そうとしていた。とはいえ、注目すべきはトニーの新たな仲間だろう。天才にして億万長者、そして慈善家の遊び人がスーパースターへの階段をまた一歩上る!

●収録作品●『インビンシブル・アイアンマン』(2015年シリーズ)#1-5
 

●ブライアン・マイケル・ベンディス[作]……1990年代から数多くの作品を手がけ、五度のアイズナー賞受賞歴を持つ。2000年代から『アルティメット・スパイダーマン』で“アルティメット・マーベル”のユニバースを確立して、さらに2004年の“アベンジャーズ・ディサセンブルド”以降は数々のイベントとアベンジャーズ系列誌を通じて主流のマーベル・ユニバースを動かしてきた。2001年からの『デアデビル』や『エイリアス』、“マーベル・ナウ”期の『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』やX-MEN系列誌の仕事でも知られる。2015年にはオリジナル作品『パワーズ』がウェブドラマ化。

●デイビッド・マルケス[画]……リチャード・リンクレイター監督のロトスコープによる2006年のアニメ映画『スキャナー・ダークリー』にアニメーターとして関わったあと、コミック業界に進出。ブライアン・マイケル・ベンディスと組んで『アルティメット・コミックス・スパイダーマン』『オールニュー・X-MEN』『シビル・ウォーII』『ディフェンダーズ』などを手がける。