トップページ     MARVEL(アメコミ)     スパイダーマン/デッドプール:イッツィ・ビッツィ

スパイダーマン/デッドプール:イッツィ・ビッツィ

最凶で最大の悪夢!! 妖怪女イッツィ・ビッツィ、現る!! ジョー・ケリー&エド・マクギネスが贈る奇想天外な大冒険、ここに完結!

ジョー・ケリー
エド・マクギネス
訳者高木 亮
仕様B5判変・並製・4C・136頁
定価本体2,100円+税
発売予定日2018年05月23日
ISBN9784796877312

ピーター・パーカーとウェイド・ウィルソンの最凶にして最大の悪夢……それは、彼らの特徴をあわせ持った妖怪女イッツィ・ビッツィが目の前に現れたことだった。二人の“娘”は“父親たち”よりも力が強く、敏捷性も桁外れだ。さらに彼女は、二人を深く憎んでいるという。なぜ彼女は彼らを憎むようになったのか? そして、なぜ彼女は生まれたのか? イッツィ・ビッツィの暴挙を食い止め、彼女と一連の事件の黒幕を捕まえるために、スパイダーマンとデッドプールは再び力を合わせることになるのだが……異才ジョー・ケリーとエド・マクギネスが贈る物語の完結編にして、スパイダーマン/デッドプール史上もっとも奇想天外な冒険をぜひお楽しみあれ! 本書は『スパイダーマン/デッドプール:ブロマンス』の直接的な続編であり、物語の完結編である。
●収録作品●”SPIDER-MAN/DEADPOOL” #9-10(2017)、#13-14(2017)、#17-18(2017)

●ジョー・ケリー[作]……マーベルやDCで活躍するライター。ペンシラー、エディターでもある。
●エド・マクギネス[画]……アメリカ・マサチューセッツ出身のコミックアーティスト。『デッドプール』『ハルク』などのシリーズで知られる。