トップページ     MARVEL(アメコミ)     【10/25発売】ヴェノム:リーサル・プロテクター
  • LINEで送る

【10/25発売】
ヴェノム:リーサル・プロテクター

11月2日(金)公開映画「ヴェノム」(配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント)の原案作品!

デイビット・ミッシェリーニ
マーク・バグリー
ロン・リム
訳者高木 亮
仕様B5判変・並製・144頁・本文4C(仮)
定価予価2,200円+税
発売予定日2018年10月25日
ISBN9784796877534

マーベル・コミックス史上、“最悪な存在”にして“残虐な庇護者”〈ルビ:リーサル・プロテクター〉。マーベルキャラクターのなかでも高い人気を誇るダークヒーロー、“ヴェノム”待望の単独誌にして映画の原案作品が公開タイミングに合わせ登場!
新聞記者であるエディ・ブロックに地球外の寄生生物シンビオートが取り憑いた姿、ヴェノム。これまで幾度となくスパイダーマンと衝突したあとで、エディはスパイダーマンに対する復讐心を捨て、故郷のサンフランシスコに移りヒーロー活動を始めようとする。しかし、逆に警察に追われることとなり思うようにはいかない。そんなとき、ヴェノムは公園で暴漢に襲われているホームレスたちを助けるも、彼らを巡る陰謀に巻き込まれていく。さらに、かつてヴェノムに息子を殺された男が組織を作り、ヴェノムの襲撃を計画していた! この一連の騒動を新聞記事で知ったスパイダーマンも見逃すわけにはいかず、真相解明に乗り出す……。果たして、ヴェノムを待ち受ける運命とは!
●収録作品●
“Venom: Lethal Protector”  #1-6

●デイビット・ミッシェリーニ[作]…1970年代後半にマーベル・コミックスでの活躍にて注目を集めたコミック・ライター。アイアンマンやアベンジャーズといった作品を手がけたのち、スパイダーマン誌に活躍の場を移していった。ヴェノム、カーネイジといったキャラクターの生みの親。
●マーク・バグリー[画]…ドイツ出身のコミック・アーティスト。マーベル・コミックスでは、アメイジング・スパイダーマンやサンダーボルツなどを手がけた。DCコミックスでも活躍し、代表作にジャスティス・リーグ・オブ・アメリカ、バットマン、トリニティなどがある。
●ロン・リム[画]…1980年代半ばからアメコミのアーティストとして仕事を始める。スペース・オペラ的な作品を得意とし、代表作に第3期『シルバー・サーファー』や『インフィニティ・ガントレット』(小社刊)がある。