トップページ     ビジネス・自己啓発     ブレインハック 脳の潜在能力を引き出す45の習慣
  • LINEで送る

ブレインハック 脳の潜在能力を引き出す45の習慣

脳をコントロールできれば創造性は劇的に高まる!

著者ニール・パヴィット
訳者村山 寿美子
仕様四六判・並製・本文1C・288頁
定価本体1,500円+税
発売予定日2018年09月20日
ISBN9784796880299

必死に考えても、いいアイデアが出てこない……。一方で、アイデアをどんどん出す人もいる。どうして?
 
スティーブ・ジョブズも、マーク・ザッカーバーグも、アインシュタインも、超一流は実践していた! 小さな習慣で、脳の働きが変わる!
 
すべての可能性を使いきっていないとされる脳。そんな脳をもっと意識的に動かすことができたなら、生産性や創造性は劇的に高まります。特にビジネスシーンでは、「ブレインハック」を実践することで、集中力が高まり、革新的なアイデアを生み出すことができます。本書は、45通りの「ブレインハック」を紹介し、脳が持つすべての可能性を解き放つお手伝いをいたします。
 
●「ブレインハック」実践の効果とは?●
①新しいアイデアがどんどんわいてくる。
②もっと集中して考えられる。
③最適の問題解決策を見つけられる。

●ニール・パヴィット[著]……作家、クリエイティビティコーチ。人が自らのクリエイティブな潜在能力を見出し、実感してもらうことに情熱を注いでいる。クリエイティブな潜在能力を手にすることを追求して、処女作『How To Be Creative(創造的になるには)』では創造的になるプロセスを解明した。長く広告・テレビ業界で作家として活躍し、これらの業界で多くの名だたる賞を獲得してきた。また、短編映画にもかかわり、英国映画テレビ芸術アカデミー(BAFTA)新人作家賞にノミネートされた。一時期、独演コメディアンとしても活動した。作家業の傍ら、現在は創造性、ブレインハッキング、ブランドストーリーに関するワークショップを開いている。
 
●村山 寿美子[訳]……翻訳家。千葉大学薬学部卒業。おもな訳書に『直感のちから 幸せな人生へ導くスピリチュアル・ガイド』(小社)、『新・男と女を生み分ける法』(主婦の友社)、『子どもの成長は、6歳までの食事で決まる』(PHP研究所)、『トラウマ』(講談社)などがある。