DC

バットマン、スーパーマン、ワンダーウーマン、ハーレイ・クイン、ジョーカーなど、DCユニバースの個性豊かなキャラクターたちが活躍する邦訳コミックスや、ファン必携の図鑑などをご案内!

バットマン:梟の法廷 (THE NEW 52!)

バットマン:梟の法廷 (THE NEW 52!)

これがバットマンの新時代だ!

物語は、ここから始まる。

スコット・スナイダー
グレッグ・カプロ
彩色 ジョナサン・グラピオン
訳者 高木亮
仕様 B5判変・並製・本文4C・184頁
定価 2,200円(10%税込)
発売予定日 2013年01月30日
ISBN 9784796871419

Copyright ©DC Comics. All rights reserved.

※hontoのサイトへ遷移します

内容紹介

新たな謎ときと恐怖の物語が始まった――。

梟の法廷コート・オブ・アウルズにご用心。彼らはじっと見ているぞ。薄暗がりの高みから、大きな岩の後ろから、彼らはゴッサムを支配する。暖炉にいてもベッドにいても、押しもその名を口にすれば……タロンに首をとられるぞ”

 

ゴッサムシティには、「梟の法廷」という伝説が流布していた。彼らは”フクロウ”を紋章にした強大な闇の秘密結社であり、ゴッサムの真の支配者だという。しかし、闇の騎士バットマンはそうした伝説を単なる風説として相手にすることはなかった。なぜならば、ゴッサムは彼の街なのだから――今までは。野蛮な暗殺者の鋭い爪が、この町の重要人物、そして危険人物にも襲いかかる事件がおきた。闇の伝説が事実ならば、その黒幕はバットマンの想像を超える恐るべき存在となるだろう。奴らの巣はいたるところにあったのだ……。

収録作品

『BATMAN(2011-2016)』 #1-7

著者情報

●スコット・スナイダー(Scott Snyder)[作]・・・DCとマーベル双方でライターの仕事をしており、ベストセラー作品『アメリカン・バンパイア』『スワンプシング』などを手がけた。

 

●グレッグ・カプロ(Greg Capullo)[画]・・・コミック・アーティスト。主な作品に『クエーサー』『X-フォース』(マーベル)、『スポーン』『アンジェラ』『ホーント』などを手がけた。

 

●高木亮(たかぎ あきら)[訳]・・・翻訳家。主な訳書にニュー52シリーズの『バットマン:ゼロイヤー 暗黒の街』『スーサイド・スクワッド:悪逆の狂宴』『ハーレイ・クイン:ホット・イン・ザ・シティ』『フォーエバー・イービル』(DC)、『デッドプール Vol.3:グッド・バッド・アンド・アグリー』(マーベル)などがある。

登場キャラクター