MARVEL

スパイダーマン、デッドプール、アベンジャーズ、X-MEN、ヴェノムなど、マーベルが誇る人気キャラクターの邦訳コミックスや、ファン必携の図鑑などをご案内!

デッドプール:ドラキュラズ・ガントレット

デッドプール:ドラキュラズ・ガントレット 電子版あり

デップーVS. ドラキュラ

”饒舌”な愛の行方

ジェリー・ダガン

ブライアン・ポゼーン
スコット・コブリッシュ

ライリー・ブラウン
訳者 高木亮
仕様 B5判変・並製・本文4C・200頁
定価 2,640円(10%税込)
発売予定日 2016年06月15日
ISBN 9784796875974

ⓒ 2016 MARVEL

※hontoのサイトへ遷移します

内容紹介

デップー、ついに独身とおさらば!?

トラブル続きのアバンチュールの果てに選ぶのは任務か、それとも愛か――。

 

人探しを依頼されたデッドプール。その依頼主は……ド、ドラキュラ!? 妖魔界を統べるべく、夜魔の女王シクラーとの結婚を目論むドラキュラのもとに、彼女を連れて行くのがデップーの任務だ。しかし、ブレイドに襲われたり、中世の騎士の亡霊に絡まれたりと、トラブル続きの旅路の果てに、2人の間に愛情が芽生えてしまった。デッドプールは、果たして任務を遂行できるのか? それとも愛を選ぶのか?

「マーベル・ナウ!」シリーズでも屈指の人気を誇る『ウェディング・オブ・デッドプール』へとつながるミッシング・リンクが、満を持して邦訳化!

収録作品

『DEADPOOL DRACULA’S GAUNTLET』 #1-7

著者情報

●ジェリー・ダガン(Gerry Duggan)[作]・・・本書の他にも、「マーベル・ナウ!」でリブートされた『デッドプール』シリーズで脚本を担当する人気ライター。

 

●ブライアン・ポゼーン(Brian Posehn)[作]・・・俳優、コメディアン、ライター。経験を生かしたコメディ演出に定評がある。ダガンとともに『デッドプール』シリーズのライターを務める。

 

●スコット・コブリッシュ(Scott Koblish)[画]・・・マーベル・コミックスのタレントスカウトをきっかけに業界入り。「マーベル・ナウ!」以降のデッドプール作品の他、『X-MEN’92』などを担当。

 

●ライリー・ブラウン(Reilly Brown)[画]・・・『ケーブル&デッドプール』シリーズで知られるアーティスト、ライター。他には『アメイジング・スパイダーマン』『インクレディブル・ハルク』(すべてマーベル・コミックス)などを担当。

 

●高木亮(たかぎ あきら)[訳]・・・翻訳家。主な訳書に小社刊行のデッドプール邦訳シリーズの他、『スーサイド・スクワット:悪虐の狂宴』『ハーレイ・クイン:ホット・イン・ザ・シティ』(ともに小社刊)などがある。

登場キャラクター