MARVEL

スパイダーマン、デッドプール、アベンジャーズ、X-MEN、ヴェノムなど、マーベルが誇る人気キャラクターの邦訳コミックスや、ファン必携の図鑑などをご案内!

デッドプール Vol.8:オール・グッド・シングス

デッドプール Vol.8:オール・グッド・シングス 電子版あり

冗舌な傭兵、死す。

「マーベル・ナウ!」最終巻!!

ジェリー・ダガン

ブライアン・ポゼーン
サルバ・エスピン

マイク・ホーソーン

スコット・コブリッシュ
訳者 高木亮
仕様 B5判変・並製・本文4C・176頁
定価 2,530円(10%税込)
発売予定日 2016年10月19日
ISBN 9784796876186

© 2016 MARVEL

※hontoのサイトへ遷移します

内容紹介

シリーズ最終巻! 冗舌な傭兵、ついに死す!

ネタバレも甚だしいが、我らの愛すべき“俺ちゃん”は本作で死んでしまうのだ!! 中東に出かけたデッドプール。単純な傭兵仕事だったはずなのに、それはいつしかオメガレッドとの死闘や、シクラーに関係した古代墓所の探索へと繋がっていく……。さらに、復讐の炎に燃えるアルティメイタムがデッドプールに襲いかかる。アルティメイタムを一人残さず皆殺しにする以外の選択肢は、デッドプールに残されていないのだが……。過去を描いた特別篇では、クロスオーバー・イベント「インフィニティ・ガントレット」における知られざる逸話を初公開! ――もしデッドプールがサノスからガントレットを奪ったらどうなるのか? さらにデッドプールの仲間たちに焦点を当てた短編も収録。『デッドプール Vol.1:デッド・プレジデント』から始まった「マーベル・ナウ!」シリーズも一先ずこれにて終了! ご愛読ありがとうございました!(そしてまた、よろしくお願いします!)

収録作品

『DEADPOOL』 #41-44, #250

著者情報

●ジェリー・ダガン(Gerry Duggan)[作]・・・「マーベル・ナウ!」でリブートされた『デッドプール』シリーズで脚本を担当する人気ライター。

 

●ブライアン・ポゼーン(Brian Posehn)[作]・・・俳優、コメディアン、ライター。経験を生かしたコメディ演出に定評がある。ダガンとともに『デッドプール』シリーズのライターを務める。

 

●サルバ・エスピン(Salva Espin)[画]・・・スペイン出身のペンシラー/インカ―/アーティスト。

 

●マイク・ホーソーン(Mike Hawthorne)[画]・・・アイズナー賞とハーベイ賞にノミネートされた経験を持つアーティスト。

 

●スコット・コブリッシュ(Scott Koblish)[画]・・・マーベル・コミックスのタレントスカウトをきっかけに業界入り。「マーベル・ナウ!」以降のデッドプール作品を手掛けている。

 

●高木 亮(たかぎ あきら)[訳]・・・翻訳家。1967年生まれ。三重県出身。小社刊行の邦訳アメコミを多く手掛けている。

登場キャラクター