トップページ     MARVEL(アメコミ)     ハワード・ザ・ダック:アヒルの探偵物語
  • LINEで送る

ハワード・ザ・ダック:アヒルの探偵物語

毛なしニホンザルの皆さん!

お久しぶり!!フワッ!

懐かしのしゃべるアヒルのハチャメチャ大冒険!

チップ・ズダースキー
ジョー・キノーネス
訳者中沢俊介
仕様B5判変・並製・本文4C・112頁
定価本体2,000円+税
発売予定日2017年02月22日
ISBN9784796876544

“しゃべるアヒル”ハワード・ザ・ダックが帰ってきた!ワァフッ!
 
“毛のないサル”が住む世界で私立探偵を営む“しゃべるアヒル”のもとに珍しく客の姿が!
張り切って調査に向かうハワードだったが、それはトラブルの始まりに過ぎなかった。
 
ブラック・キャットの調査をするはずが、ひょんなことから宇宙規模の大事件に発展し、彼は超越的存在“コレクター”の手に落ちる。
そこには“しゃべるアライグマ”ロケット・ラクーンも捕えられていて、協力して脱出することに……
 
果して、直立歩行する動物たちは、無事にコレクターから逃れることができるのか?
 
他にも、老人による犯罪事件を調査したり、ドクター・ストレンジと共闘したり、新しい友人のタラ・タムの秘密を知る――
 
やっぱり、いろんな人と関わることって大切だよね。
 
他にも、あの一大イベント『シークレット・ウォーズ』とも関わりが……
 
あるような、ないような……。
 
 
しゃべるアヒルの運命やいかに……
 
●収録作品●
”HOWARD THE DUCK(2015)” #1-5

●チップ・ズダースキー(Chip Zdardky)[作]・・・カナダの新聞社でイラストレーター/コラムニストとして活躍しつつ、コミック業界に進出。ライターのマット・フラクションと組み、作画を担当した『セックス・クリミナルズ』(イメージ・コミックス)でアイズナー賞を受賞し、注目を集める。ライターとしては、本作に続いて『ジャグヘッド』(アーチー・コミックス)を担当している。
 
●ジョー・キノーネス(Joe Quinones)[画]・・・『FF』(マーベル・コミックス)や『ウェンズデー・コミックス:グリーンランタン』『バットマン’66』(以上DCコミックス)の本編を担当する。他にも映画『スター・ウォーズ』『ゴーストハンターズ』のコミック版でカバーアートを手がけている。
 
●中沢俊介(なかざわ しゅんすけ)[訳]・・・翻訳家・ライター。主な訳書に『ミュータント タートルズ』シリーズ、『ミュータント タートルズ大全』『トランスフォーマー:オール・ヘイル・メガトロン』『スター・トレック/グリーン・ランタン』『バットマン/ミュータント タートルズ』(いずれも小社刊)などがある。