トップページ     趣味・実用ほか     深夜薬局 歌舞伎町26時、いつもの薬剤師がここにいます
なし
  • LINEで送る

深夜薬局 歌舞伎町26時、いつもの薬剤師がここにいます

ここは大人の「保健室」。
心のクスリ、処方します。

著者福田 智弘
仕様四六判・並製・176頁・本文1C
定価本体1,400円+税
発売予定日2021年02月18日
ISBN9784796878173

ネオン街の一角に、夜8時から営業する薬局がある。
訪れるのは、親からの虐待を告白する多重人格の女性やコロナ禍で生活苦を訴える風俗嬢、「眠れない」とあせる入試前夜の高校生など、

その事情はさまざま。誰かに聴いてほしい。でも、誰にも言えない。
「何か」を抱えたお客さんとたった一人の薬剤師との物語。
 
●「深夜薬局」とは?

ホストクラブひしめくビル1階にある「ニュクス薬局」。営業時間は20時から翌朝9時。薬剤師はたった一人。滋養強壮剤のボトルキープや、コンドームのバラ売り、処方薬の配達など独自サービスが好評。

●福田智弘[著]……1965年埼玉県生まれ。東京都立大学卒。歴史、文学関連を中心に執筆活動を行っている。おもな著書に『ビジネスに使える「文学の言葉」』(ダイヤモンド社)、『世界が驚いたニッポンの芸術 浮世絵の謎』(実業之日本社)、『よくわかる! 江戸時代の暮らし』(辰巳出版)などがある。